Menu

「ネコソギラジカル〈中〉赤き征裁vs.橙なる種 (講談社文庫)」感想

2009/04/22 -

【お買い物】
DSC02213
ネコソギラジカル〈中〉赤き征裁vs.橙なる種 (講談社文庫)

ラス前。変わらない主人公:いーちゃんが変わろうとする巻。

物語自体は締めに入りつつも、伏線(らしきもの)の全てはあえて回収しない所が良かったりするんですよね。実を言うとノベルズ版は一度しか読んでいなかったので(この辺は好きな作品であるほど、読みたいけど読み終えることで完結させたくないという厄介な感情のせいです)、その辺については改めて感心しましたね。

でも読み直す中で、個人的にツボに入ったのはp244のコレ↓

「この世にあるもので神様がお創りになったのは、整数とフレンチクルーラーだけだよ」

ノベルズ版での完結後に発刊されたザレゴトディクショナル読んだ後だと印象がかなり変わる(笑

どんだけ西尾氏はフレンチクルーラー好きなんだよ!!(笑

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやく Share on Tumblr Googleブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です