Menu

「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」舞台挨拶行ってきました!(イベントレポ)

2010/01/23 - イベント, 日々思う事(他聞駄文)


魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」舞台挨拶行ってきました!

以下そのレポートと(若干ですが)ネタバレ有りの感想なので、これから観ようとしている人は注意です!

まず今回の劇場版の出来についてですが、個人的には大満足ですね。
物語の流れはTV版の再編集といった形なんですが、今回の劇場版では前から言われていたように、なのはとフェイト、この2人の物語として特化させる事に成功していたと思います。
具体的には不要な部分はバッサリカット(TV版の序盤あたり。高町家の方々は映るけど声はなし等)して、TV版の部分で不足気味だったフェイトサイドの補足(プレシアの葛藤やリニスの話、アリシアとフェイトの利き腕の事等を盛り込んだ)したのが元々高い評価であった物語の完成度を上げていたと思います。あとは挿入歌「Don’t be long」の入り方は凄く良かったですねー。あのタイミングでかかるだろうな、という予想にキチンと応える形で入りました。

でも一応気になった部分として、アクションシーンの一部で止め絵のような手法を使っていたのがね。
映像効果としての使用というよりは・・・という感じでしょうか。そこだけがちょっと残念。

ただ全体を通して言えるのは「わかっちゃいるけど泣ける」
終了後の舞台挨拶時でも話がありましたがまさにその通り。
自分も涙ぼろぼろ流しながら観てましたw

観賞後は舞台挨拶だったのですが、新宿では田村ゆかりさん(なのは)、水樹奈々さん(フェイト)、水橋かおりさん(ユーノ)、桑谷夏子さん(アルフ)、高橋美佳子さん(クロノ)、五十嵐麗さん(プレシア)、浅野真澄さん(リニス)の総勢7名という豪華なものでした。
やはりなのはとフェイトが揃ったのを観たい!と思って駄目もとで応募した甲斐がありましたw

時間にして15分程でしたが、以下舞台挨拶レポートという程ではないですが感じたことなど。
●全キャストとも映画化についての感想を一言ずつ。この辺はどの映画でも一緒ですね。
●水樹奈々さん登場時では会場内でウルトラオレンジを振り回すファン発見www
●司会者により紹介順序の間違いあり(水橋さん&高橋さん辺りだったかな?)
●田村ゆかりさん、幼女発言自重ですw
●五十嵐麗さん、ムチネタ好きですねw
●皆さん3回観て下さいとのお願いが。ちなみにフィルムカットが貰える。そしてここでもムチネタw

とまぁ短いながらもファンとして楽しめました。
とにかくこの映画、なのはを好きな人は間違いなく観た方がいいですね。

ちなみに物販ですが、自分はパンフだけ購入できました。
null
新宿で観てきたのですが、パンフのみの列と他の物販列が分けてあったのでかなりスムーズでした。
そして会場内での販売のため、チケットがある方のみが並べたので大きな混乱はなかったようですね。
(ちなみに物販は09:15まで。その後は13:30販売開始のため初回観た人は改めて会場外で並ぶ必要あり)
null
このパンフなんですが、1000円という価格以上の素晴らしい充実っぷりですよ!
null
各誌で連載されている漫画の応援イラストもたっぷり詰め込んでますので。

あと観終わったあとですが、
null
魔法少女リリカルなのはA’s PORTABLE -THE BATTLE OF ACES- リリカルBOX(AA)を購入してしまったり。
正直通常版(AA)でいいかな?という気もしましたが、なのは愛が試されているということでw

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやく Share on Tumblr Googleブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です