Menu

「iPad 64G wifi版 購入。そして電子書籍化への道の始まり」

2010/05/31 - レビュー
【お買い物】


iPad 64G wifi版」購入しちゃいました。

元々購入予定ではあったのですが、発売日である28日の夕方に新宿某店に行ったら「在庫あり」との張り紙が。
あの予約瞬殺っぷりは何だったのか?と思わないでもないですけど(笑

発売前は「iPod Touchがデカくなっただけ」とか色々言われていましたが、実際に手にしてみると全然違います。
この「大きさ」こそが武器。動作の快適さはネットブック以上です。
何より(ソフトウェア上ではあるけど)キーボードが本体についていないということが「ソファに座って気軽に使う」というコンセプトを実現させるための必要不可欠なことだったと思わざるを得ません。

そして自分が何より期待していたのは「iPadでの電子書籍の閲覧」

元々本が好きでよく買い漁っているのですが、部屋の広さの関係上、無尽蔵に収納できるわけではないですからね。
そこで書籍を画像ファイルにしろPDFファイルにしろ電子化したなら保管場所を増やす必要もありませんし、
何よりタッチパネルの動作が快適なiPadでならサクサク読めるだろうと。

とはいえ日本ではまだまだ書籍の電子化が進んでいるわけではありません。

そのために用意したのがこの「プラス 断裁機 PK-513L (AA)」です。
以前からネット上で話題になっていた機種で、(表現は悪いですが)ギロチンのように垂直に裁断されるため、
用紙が台形上になったりせず、キレイに読み取らせることができます。

で、裁断した本を読み取るのは以前購入したScanSnap S1500です。
少々値が張りますが、読取速度も速く、文字認識も上々、何より両面を同時にスキャンして読み取れるというのは凄い。

これらの機器を使っての電子書籍化については次回以降、紹介したいなーと思っています。

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやく Share on Tumblr Googleブックマークに追加

3 thoughts on “「iPad 64G wifi版 購入。そして電子書籍化への道の始まり」

匿名

iPadの見易さでサクサク動いてくれれば電子書籍ビューワーとして最適ですね。
店頭で触って「i文庫HD」というアプリを触ってそう思いました。
私はカッターとScanSnapS1300で挑戦していますが、S1500と比べてしまうと、
「安物買いのなんとやら」という印象があります(^^;

ガンガンスキャンしちゃってください!

Reply
ホビクロウ

先述のコメントで名前を忘れてしまいました。
申し訳ありませんでした。

Reply
zareds

iPadの見やすさは本当に驚きましたねー
あとi文庫HDの使いやすさも素晴らしいですし。
ちなみにGoodReaderというアプリと併用してます。

それにしても裁断からスキャンまで入れても時間は5分かかりませんので、
暫くは電子書籍に病み付きになりそうですw

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です