Menu

「京都2泊3日突発旅行レポ」その2

2010/08/17 - イベント
【イベント】


間があいてしまいましたが「京都2泊3日突発旅行レポ」その2です。

旅行二日目は嵐山方面へ。
渡月橋と見せかけて本命はモンキーパークです(ぇ


二日目の朝はホテルの近くにあるというイノダコーヒ本店へ行ってみることに。

折角の旅行なので豪勢に!と乗り込んでみたものの、
店内は満席&順番待ちの人で溢れていたので、そのまま離脱。

ちなみにコレ、一人で行っています。
何故なら昨晩あずにゃんの可愛さを力説した直後に「憂ー!!」とベッドにダイブした同行者が起きてこなかったからですw
あとは・・・もう俺パンダの目を見る羽目になるのが怖いんだ・・・


その後ホテル近くのコーヒーショップで通勤途中のサラリーマン達を横目に一人で朝食。もぐもぐ。

あ、余談ですが、この後「ダイエット戦士は朝、野菜ジュースしか飲まないんだぉ!」
と言い切るやる夫同行者のためにコンビニで野菜ジュースを買って帰りました。


とまぁ二日目も朝から色々ありましたが、嵐山方面に出発ー!

天気は曇り時々晴れ。この時期観光するにはかなり快適でしたね。

まずは「法輪寺」。



実はこの時点で標準ズームレンズをホテルに忘れたことに気付く。
前日かなり重宝しただけにこれは非常に痛かった・・・




まぁクヨクヨしても仕方ないので、素直にねんどろ撮影に移行。





階段を上り、ようやく本殿へ。

まぁ大した段数じゃないので楽な方ですが。




電波の守り神を奉っているだけあるなw


境内の右手に見晴らしのいい展望台のような場所を発見!



ここで少し太陽が顔を覗かせてきたりと撮影気分が高まりましたねー。



ムギちゃんとあずにゃん!

その後徒歩で渡月橋方面へ。モンキーパークの登り発見!

このイラストの山道は偽りあるってばよ・・・

まぁまずはモンキーパーク行く前に渡月橋を撮影。
でもけいおん!!で使われたアングルは逆側だったんですよね・・・後で気付いた(汗

やはりここで標準ズームレンズがないのが響き、あまり撮影意欲が湧かなくなったり・・・
というわけで気を取り直してモンキーパークへ!

途中の山道にあった看板。目は見たらイカンよね!

ちなみに省略してますが、ここまでも結構長い距離歩きます。曇りで良かった・・・

更に登り続けると少し拓けた場所へ。

お、猿発見!!

毛づくろいしてますねー

そして山頂。「これ全部京都ー?」と唯の如くテンションが上がりましたw


次回は天気いい時に来てみたいなーと思いましたよ。途中しんどいでしょうけども!





そして次はいよいよ猿に近づいてみる!

一応刺激しないように小屋の中から猿とご対面。

ムギちゃんと猿。
この時何故かめちゃくちゃ猿に警戒されてました・・・なのでこの距離での撮影が精一杯。

ちなみにトリさんとあずにゃんは平気でした・・・パンダだから?(まだ言うか


この時点で大体11時頃になっていて、お腹も空いてきたので下山。再び渡月橋へ。



橋を渡った先にある「よしむら」という蕎麦屋さんで早めの昼食。

冷やし穴子蕎麦。

そして今回の京都旅行で最大のヒットかもしれない「そば粉アイス」。
そば粉の食感がクセになるんですよ!これは次回来たときも絶対食べる!

腹ごしらえも済んだので観光再開ー。


そして「天龍寺」へ。この辺りは観光客が多かったのでねんどろは自重。

「竹林の道」を通りつつ「野宮神社」方面へ。

踏切近くで一枚。もちろん線路内には入ってませんよ。

そして「清涼寺」へ。





ここも平日ということもあったのでしょうがかなり観光客は少なかったですね。


なのでねんどろ撮影再開。実はこの時点で寺院巡りに飽きていた感じがします・・・

なので次の「大覚寺」はかなりスルー気味だったりしますw


撮影スポットばかり探していた気が(汗

その後折角なので「嵯峨嵐山駅」付近を散策。
こちらのサイト様を参考に「けいおん!!」の修学旅行回のように迷子になってみましたw

探してみると結構あるもので。

この迷子スポット巡りはかなりテンションが上がりましたね。
見つけられなかった所も多いのでいつかリベンジしたいです。

この時点でかなりいい時間になってきたので軽く甘味を食してホテルに移動。

京都はバスの一日乗車券を購入しておくと楽ですね。かなりお得ですし。

というわけで二日目の夜も鱧の天ぷらを食べたり、お酒を飲みながらオタ話で幕を下ろしました。

そして完全に「寺院巡り<けいおん舞台訪問」となった旅行最終日へ続く!

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやく Share on Tumblr Googleブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です