Menu

「うみねこのなく頃にEP8 感想(ネタバレあり)」

2011/01/05 - ゲーム&CD、DVD, レビュー, 日々思う事(他聞駄文)
「うみねこのなく頃にEP8 感想(ネタバレあり)」
【お買い物】


年末年始で購入した薄い本の一部。後日また増えるけども(ぇ

冬コミは参加出来なかったものの、結局帰省ついでに同人ショップ巡りをして回収。
なんだかんだでいつも通りの年末年始だったような気がしますね。

で、昨日は昨日でうみねこ解のEP8を半日かけてプレイしていたのですが、
これで「うみねこのなく頃に」も完結なので、以下ネタバレありの感想とか。

【感想・レビュー】

結局全て「真相は猫箱の中」なんだよなーと。
“あの2日間”に何があったのか?という部分の明確な答えは提示せず(これまでのEPで充分推測できますが)。

そもそも冒頭からゲームマスターである戦人が幼女縁寿を1988年に送り込み、幸せな親族会議を見せるわけですが、
嘉音と紗音が二人一緒にいたり、金蔵が生きていたりと、明らかな幻想世界なんですよね。
これを「真実を知る前に」と敢えて見せる戦人と、一心に真実を求める縁寿との温度差が物凄くて、
個人的に縁寿側の視点にいた自分としても「いいからさっさと真実を(ry」と(苦笑

確かに親族がパーティーでのゲームを通じて、「縁寿への最後の置き土産」という流れはグっとくるものもあるのですが、
真実を知るかどうかの選択を縁寿に託したという割に、明らかに戦人の都合の良い部分を強調したとしか思えなかったですね。
(あぁでもここでのクイズ対決は中々面白かったです。幼女縁寿と絵羽の睦まじい姿も良かったですし)

後に出てくる「一なる真実」が書かれた絵羽の日記についても、延々と時間稼ぎをした挙句、
結局プレイヤーである私たちには「公開しない」というのはどうなんだろう?
唯一それを見た縁寿がビルから飛び降りる(図書館のテラスから飛び降りる)描写もありましたが、
真相を知って生への未練がなくなったから死を選んだのか、真相がショックで飛び降りたのか、
その辺がうまく読み取れなかったんですよね。
まぁ結局「みんな戻ってきて」という縁寿の原初の願いが叶う形での復活&再会となりますが、
勿体つけた割には私たちに答え合わせをさせてはくれなかったのは残念。

あと終盤の怒涛の戦闘シーンについても、やや冗長気味と感じたかな?
今回の山羊の皆さんの声は、作品に対する感想を意識し過ぎのような気がしましたし。
敵役として再登場したヱリカも「戦闘シーンを盛り上げるための分かりやすい敵」ではあったものの、
「とにかく仲間を信じる」で行動が一貫していた「ひぐらし」終盤のようには終始乗れなかったです。

結局、戦人達が猫箱を閉ざしたがったのは「身内に犯人がいる」という事実を隠したかっただけで、
「犯罪者の家族である縁寿」を守りたいという感情にすり替えただけの気がするんですよね。
「XXが犯人だった」ではなくて「犯人はこの中にいたかもしれない」にしただけで。
(個人的には六軒島の惨劇は今回のEP8のように「戦人一家による犯行」だと思ってます)

でもラストの魔法エンドと手品エンドの選択もアリなのかな。
「愛がなければみえない」という答えとしては。

存在しない3日目も戦人とベアトリーチェ(ヤス?)の逃避行が描かれていて、
愛があるなら間違いなく「最愛の魔女ベアトリーチェに捧ぐ」物語でしたしね。
(そういや幾子→19子→ヤスという解釈もありますな・・・幾子の外見が年齢不詳っぽく描かれているのもヤス=XXXとボヤかす意味もあるのかも)

ただ、魔法エンドの数十年後の戦人=十八との再会は必要だったのかなー?
記憶がなくなっている(いた)とはいえ、と共にEP1、2の真実を隠すような偽書を散々書いたんですよね?
そうなると記憶が戻りながらも再会を一度拒んだというのも、「単に時効待ちか?」と勘繰ってしまいます。
(仮に縁寿を守るために偽書を書いたのだとしても、他人のような記憶云々についての描写が邪魔をする感じ)

手品エンドは「真実を探求した」結果としての結末。
なんとなくしっくりきてしまったのは、終始一貫して縁寿が真実を追い求めた結果だからでしょうかね。

というわけで、結構書きたい放題書いたものの、
EP8までプレイした「うみねこ」という作品はどうだったのか?というとなんだかんだで楽しんだと思います。
他人には薦めづらい作品ではありますけどね。
個人的に評価を上げた登場人物はラムダデルタ、絵羽(エヴァ)。地に落ちてしまったのは戦人ですが(ォィ

最後に余談。
プレイ直後に何となく思ったのが「うみねこ」が終始「猫箱を閉じる事」に拘ったのは、
まるで「同人の二次創作のため」みたいだなーと。
公式で「XXはXXXだ!」と言い切ってしまえば、それ以外の可能性って閉じてしまうわけですし。
カップリングの自由度って大事ですよね!と(ぇ

まぁこれはいくらなんでも穿ち過ぎな感想か(苦笑

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやく Share on Tumblr Googleブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です