Menu

撮影環境に「フォトラ」を導入してみました。

2011/08/25 - ガジェット, フィギュア&ドール関連, レビュー

【お買い物】

「フォトラ」を撮影環境に導入してみました。
先日玩具系サイト管理人のtiwtter上で話題になっていたアイテムです。

折角なので使用レビューというか使ってみた雑感をダラダラと。

そもそも「フォトラって何?」という方もいらっしゃるかと思いますが、
一言でいうと「簡単設置できる撮影セット(光源)」です。

写真の両サイドにある白いボックスが「フォトラ」本体となります(2つで1セットです)。

使い方については公式サイトをご覧頂いたほうが早いので割愛しますが、
本当に設置から撮影までが手軽で簡単。自分のように撮影環境を常設していない人にはオススメですね。
ただし、下記リンクでも触れられていますが、ある程度大型のフィギュア撮影だと単体での撮影は厳しいかもしれません。

Togetter – 「フォトラ」

そのため自分は写真のように「RIFA」および単灯と併用してます(合計4灯)。

【RIFAについて】
写真電気工業株式会社 RIFA-F 40×40 前編
写真電気工業株式会社 RIFA-F 40×40 後編
ともにKimagureman! Studioさんの記事が詳しいです。

で、試しに撮ったのはこちら(左:フォトラ、右:前回レビュー時)。

構図がちょっと違うのはご愛嬌。
クリップライトを使用していた前回レビュー時に比べてWBのズレが小さくなったかな?という感じですね(どちらもRIFAは併用)。
とりあえず現像時に再度調整する必要が減った感じです。
まぁ撮影自体甘い部分が多いので、まだまだなんですけどね(汗

というわけで想像していた以上に使い勝手が良かったかも。
今後ちょっとした更新ならフォトラ単体で、フィギュアレビューではRIFAと併用していこうかと思います。

【オススメ】


Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやく Share on Tumblr Googleブックマークに追加
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です