Menu

「アスラクライン」感想

2008/11/23 - レビュー,

<お買い物>
IMG_1155
アスラクライン (電撃文庫)
アニメ化が決定したのと友人が読んでいて興味を持ったので。
(ここの管理人は薦められるとすぐ買う癖あり)

現在四巻まで読み進めましたが、読む前の印象とは(いい意味で)違った作品でしたよ。
主人公が幽霊憑き(幼馴染みの美少女)で、巫女装束を纏ったFカップ同級生と仲良くしたり、なんて書くとアレなんですが、日常のまったりパートとシリアスな戦闘パートのバランスが絶妙ですね。しっかりとした起承転結と、シリーズを読み進める度に謎や伏線がきちんと回収されていくのが楽しい。あとは次の巻への引きが巧いな~と(アニメのCパートみたいにね)。三巻ラストなんかはもう度肝抜かれましたよ。
個人的にはこういった設定ってもっと引っ張る気がしていたので(苦笑
あとは「アスラクライン」ってそういう意味があったのね~と感心感心。

IMG_1156
そういや昨日出かける直前に届いたFigma 鏡音リンなんですが、
いやもう付属品の少なさスッキリしたパッケージにビックリ(笑
やはりFigma 鏡音レンを揃えて買わないと見栄え的にも駄目ってことですな。

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやく Share on Tumblr Googleブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です