Menu

一人の少年の、苦悩の記録「ガッチャマン クラウズ ノベライゼーション SUGANE NOTE」

2014/02/16 -
一人の少年の、苦悩の記録「ガッチャマン クラウズ ノベライゼーション SUGANE NOTE」

20140216-224046.jpg
「ガッチャマン クラウズ ノベライゼーション SUGANE NOTE」

「一人の少年の、苦悩の記録である。」

ガッチャマンクラウズの登場人物の一人、橘清音視点で語られるノベライズです。

社会的なメッセージを含み、スリリングに展開するアクションヒーロー物。

あとがきで「ガッチャマンクラウズ」という作品について、シリーズ構成の筆者がそう述べていますが、
この小説は主人公である「一ノ瀬はじめ」ではなく、
清音の日記調で語られる形式を取ることで全く違った印象を受ける作品になっています。

実はTV版1話を観た時、自分は「一ノ瀬はじめ」を好きになれなかったんですよね。

よくわからない言動と突拍子もない行動。最終話まで観終わった今だから分かるけれど、
はじめは最初から答えを持っている人間で、他者に影響されるというより他者に影響を及ぼす人間。

この小説では真面目な清音が散々振り回され、苛立ち、その中で理解し成長していくその姿が、
清音自身が綴る日記を通じて、TV版以上にひしひしと感じられる。
あぁ、清音って主人公だ。いやもう社会的なメッセージ云々ではなく少年の物語として。

特に恩人であり兄貴分でもある丈さんとの喧嘩シーンは必読。
BARでスクリュードライバーを飲みながらだと尚更かもしれない。

ガッチャ。


「ガッチャマン クラウズ ノベライゼーション SUGANE NOTE」
GATCHAMAN CROWDS Blu-ray BOX

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをつぶやく Share on Tumblr Googleブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です